開催概要

ワールドマスターズゲームズは、国際マスターズゲームズ協会(IMGA)が4年ごとに主宰する、概ね30歳以上のスポーツ愛好者であれば誰もが参加できる生涯スポーツの国際総合競技大会です。

オリンピックの翌年に開催され、第1回は1985年にトロントで開催され、直近では2017年に第9回大会がニュージーランド・オークランドで開催されました。

そして、次回2021年には、アジアで初めて開催されることが決定しています。第10回の記念大会、その舞台は日本・関西です!!

大会名 ワールドマスターズゲームズ2021関西
(英語表記:World Masters Games 2021 KANSAI)
主催 (公財)ワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会
共催 (公財)日本スポーツ協会
後援 スポーツ庁、(公財)日本障がい者スポーツ協会
開催期間 2021年5月14日(金)~5月30日(日) 17日間
競技種目
(全34競技58種目)
アーチェリー(ターゲット/インドア)、陸上競技(トラック&フィールド/10Kmロードレース/ハーフマラソン/駅伝/競歩)、バドミントン、野球(硬式野球/軟式野球)、バスケットボール、ボウリング、カヌー(マラソン/スプリント/スラローム/ポロ/ドラゴンボート)、自転車(トラック/ロードレース/マウンテンバイク/BMX)、ダンススポーツ、サッカー(サッカー/フットサル)、フライングディスク、ゲートボール、ゴルフ、グラウンド・ゴルフ、ハンドボール、ホッケー、柔道、空手道、オリエンテーリング(スプリント/フォレスト)、ボート、ラグビーフットボール、セーリング(ヨット/ウィンドサーフィン)、射撃(クレー/ライフル)、ソフトボール、ソフトテニス、スカッシュ、水泳(競泳/飛込/水球/アーティスティックスイミング/オープンウォーター)卓球、テコンドー、テニス、トライアスロン(トライアスロン/アクアスロン/デュアスロン)、綱引、バレーボール(インドア/ビーチ)、ウエイトリフティング
開催地 関西各地域
競技種目開催地の詳細はこちら
目標参加者数 50,000人
【内訳】国外参加者:20,000人、国内参加者:30,000人
【参考】2009年シドニー大会<約3万人>、2013年トリノ大会<約2万人>、2017年オークランド大会<約3万人>
参加申込み 2020年2月~2021年2月(予定)