【WMGをする人】vol.01 夫婦のつながりは“テニス”だったんですよね ~大﨑一雄さん・テニス ~

  • 知りたい
  • 人に聞く
編集部ピックアップ
【WMGをする人】vol.01 夫婦のつながりは“テニス”だったんですよね ~大﨑一雄さん・テニス
~
編集部がお届けする、WMG参加者へのインタビューダイジェスト。
今回ご紹介するのは、2019年11月25日(月)~28日(木)「ワールドマスターズゲームズ2021関西」テニス競技リハーサル大会に参加された神戸市在住の大﨑一雄さん。兵庫県の男性参加者の中では、最高77歳!でした。大﨑さん、「男子75歳以上」の部で、1時間半にも及ぶ激闘の末、準優勝されました。
(取材:兵庫県広報専門員 清水奈緒美 著作:ワールドマスターズゲームズ2021関西兵庫県実行委員会)

60歳超えてからちょっとずつ上手くなったんです

清水 テニスはどれくらいされてるんですか?
大﨑 本格的にし始めたのは、やっぱり年いってからですよね。60歳まで仕事してましたから。学生の時は本格的なテニスはやってなくて、社会人になってからやったというような感じで。今日みたいな大会で日本各地を回ってし出したのは、60歳過ぎてからですよね。もうちょっとテニスを極めたいなと思って、定年後、とにかくテニステニス。そこから、だんだんと自分のテニスプレーができていったいう感じですよね。

ところで、ワールドマスターズゲームズは出られるんですか?

清水 ワールドマスターズゲームズは、出るんですか?
大﨑 そうねぇ、申し込みしようと思ってます。なんや、「申し込みが1万5千円って、えらい高いなぁ」思ったんやけど、あれ、1万5千円で何種目か出られるんですね。
清水 そうです、1万5千円で5競技まで出られます。
大﨑 娘がイギリスに行って、で、向こうで結婚するいうから、私もしょっちゅうイギリス行ってましたけど、私もロンドンのテニスクラブに行ってね。で、一緒にテニスさせてもらいましたね。なんか、ひとつになって交流ができるいう経験させてもらいました。言葉は私、あまりできませんでしたが、テニスはお互い楽しみながらプレーできたというか。やっぱりよかったですね。
清水 ワールドマスターズゲームズでもいろんな国の人来ますから、とんでもないプレーする人もいるかもしれないですよね。
大﨑 プレーする前からビール飲む人もおるかも。

結局、ふたりのつながりはテニスだったんですよね

大﨑 実は、4月に妻を亡くしたんですけど、結局、夫婦のつながりはテニスだったんですよね。
ふたりでテニスでよう遠征行ったりしてて。まぁ、闘病し出してからは、「遠征じゃなくて近くのテニス大会だけにしよう」とかで、具合悪い時は、試合中で棄権することも最後、あったんですが。
清水 でも、おふたりの合い言葉やったんですね。
大﨑 やっぱり亡くなってショックだったんですが、癒やされたんがやっぱり家族の存在であり、そしてテニスだったんですね。まだ妻を失って7ヵ月ですが、「大﨑さん、元気になられたねぇ」言われます。早く元気をもらいましたね。

近隣で開催される
ワールドマスターズゲームズ
2021関西の競技

ゴトスポ編集部
投稿者紹介

ゴトスポ編集部

ゴトスポ取材記者のみなさんの記事編集などを行っています。