大阪・SENNAN LONG PARK内 SUNCOURTで「庶民シュート」!~自身も4度のけが・手術を乗り越え、バスケットボール競技を『する・みる・ささえる』スポーツドクター 池田 樹広さんが語る、アスリートメディカルサポートの魅力~

  • カラダを動かす
  • ここだけ
  • 人に聞く
  • やってみた
  • スポーツでにぎわう
  • 家族と一緒に
  • 子どもと一緒に
  • グルメ
  • カフェ
大阪府
大阪・SENNAN LONG PARK内 SUNCOURTで「庶民シュート」!~自身も4度のけが・手術を乗り越え、バスケットボール競技を『する・みる・ささえる』スポーツドクター 池田 樹広さんが語る、アスリートメディカルサポートの魅力~

本記事の撮影は緊急事態宣言解除期間中に感染症対策・短時間滞在・ソーシャルディスタンス確保のもと行ない、インタビューは後日zoomを使用しオンラインにて実施しました。

みなさ~ん、こんにちは!バスケ勉強中トレーナーの山岡 彩加です。今日は尊敬するある人との待ち合わせで、SENNAN LONG PARK(泉南りんくう公園)にやって来ました!
<font color='blue' size='2'>駐車場を出てすぐ、待ち合わせ場所 ストリートパークのバスケ3x3専用コート「SUNCOURT」と、青空を映すキラキラの大阪湾!</font>
駐車場を出てすぐ、待ち合わせ場所 ストリートパークのバスケ3x3専用コート「SUNCOURT」と、青空を映すキラキラの大阪湾!
私はというと、到着してすぐに「泉南温泉 SORAの湯」で身をほころばせまして、今は、砂浜に寝そべって原稿を書いています。
<font color='blue' size='2'>「SUNCOURT」のすぐ隣に、フリーの「スケートパーク」と「泉南温泉SORAの湯」の建物。海の見える露天風呂、最高でした!</font>
「SUNCOURT」のすぐ隣に、フリーの「スケートパーク」と「泉南温泉SORAの湯」の建物。海の見える露天風呂、最高でした!

WMG2021関西「オープンウォーター」会場・タルイサザンビーチでのんびりステイ

目の前には光の当たり方で色の変わるキラキラな海、心地よい磯の香り、癒しの波音・・・心もふわふわしてもう眠ってしまいそうですが、まずはこのスポットをご紹介させてください。あっ、目の前を飛行機が通った・・・関西国際空港が近いのですね。
<font color='blue' size='2'>波打ち際でのんびり。少し暖かくなった春の日、砂の柔らかさに気持ちよく身体が沈みます。</font>
波打ち際でのんびり。少し暖かくなった春の日、砂の柔らかさに気持ちよく身体が沈みます。
「SENNAN LONG PARK」は大阪府泉南市に2020年に誕生した屋外遊びのスポット。大阪湾の海岸沿いに遊びのエリアが4つあり、それぞれに建物が並んでいます。砂浜でのんびりしている私の他にも、沿道をお散歩しているカップル、犬とかけっこする家族、ウィンドサーファーやビーチサッカーの選手たち、オシャレカフェでランチをする女子会メンバーズなどなど・・・ゆったり時間の流れるこの場所には、まだまだ多種多様な楽しみ方がありそうです。
<font color='blue' size='2'>おしゃれで美味しいソーダを飲みながらスーパーリラックス。(購入店舗:コミュニティエリアTSUBOICHI TEA PLACE)</font>
おしゃれで美味しいソーダを飲みながらスーパーリラックス。(購入店舗:コミュニティエリアTSUBOICHI TEA PLACE)
そんな中で今回取り上げる場所は、一番西に位置する「アクティビティエリア」の屋外3x3専用バスケットコート「SUNCOURT」。バスケットリングが2つあり、普段は予約なく無料で使用できます。この日もバスケットボールを持った親子連れなど、様々な楽しみ方をしている人たちが代わる代わる利用し、どの時間帯もワイワイ賑わっていました。

バスケを『する・みる・ささえる』スポーツドクター・池田 樹広さんにインタビュー。

ポカポカ陽気の下、すっかりリラックスムードな私の前に現れたのは・・・

筆者 池田先生!今日はお忙しい中ありがとうございます。
池田医師(以下、池田) こんにちは。整形外科医師の池田 樹広(いけだ しげひろ)です。よろしくお願いします。
<font color='blue' size='2'>予想外にもスーツで登場!お仕事の合間に駆けつけていただきました。</font>
予想外にもスーツで登場!お仕事の合間に駆けつけていただきました。
<font color='blue' size='2'>不織布マスク着用でお越しになり、撮影時のみソーシャルディスタンスを確保してマスク無し・ご所属団体のオリジナルマスク着用で行いました。</font>
不織布マスク着用でお越しになり、撮影時のみソーシャルディスタンスを確保してマスク無し・ご所属団体のオリジナルマスク着用で行いました。
まず、私がなぜ池田先生にインタビューしようと思ったのかをご紹介させてください。それは、私がキャリアチェンジで大阪の病院へ転職した直後、スポーツ疾患の院内勉強会で熱く語られる池田先生の姿を拝見した時のこと。アスリートの治療に向けられる熱量とともに、「この人はなぜ一人で戦っているんだろう?」と、参加者大勢の勉強会で『孤独』なポジションを敢えて選んでおられる姿勢に興味を持ったのです。
<font color='blue' size='2'>陽が差したり小雨が降ったり次々に変わる春の空の下、多種多様な技を披露!</font>
陽が差したり小雨が降ったり次々に変わる春の空の下、多種多様な技を披露!
ご自身より年上のリハビリテーションスタッフもたくさんいる中での、この強い振る舞い。転職したての私は「この熱さで訴えかけているのは尋常じゃないぞ・・・」と衝撃を受け、背景を知りたくなったのでした。
<font color='blue' size='2'>バスケ3x3専用コート「SUNCOURT」のすぐ隣にロッカールーム。池田さんは使用せず、運動部仕込みのテクニカルな早着替えをされていました。</font>
バスケ3x3専用コート「SUNCOURT」のすぐ隣にロッカールーム。池田さんは使用せず、運動部仕込みのテクニカルな早着替えをされていました。
その真相は「池田先生ご自身のけが・手術経験から生まれた、競技サポートにかける覚悟」でした。本記事ではそんなご経験を踏まえた「競技サポートの魅力」についてご紹介します!
<font color='blue' size='2'>★オンラインインタビュー友情出演:ちよまるさん(愛犬)、他職種連携の仲間であるスポーツファーマシスト吉田哲朗さん。吉田さんのインタビューは<a href='https://wmg2021.jp/gotospo/detail?id=1956' target='_blank'>こちら</a></font>
★オンラインインタビュー友情出演:ちよまるさん(愛犬)、他職種連携の仲間であるスポーツファーマシスト吉田哲朗さん。吉田さんのインタビューはこちら

手術治療から現場や教育まで、メディカルサポート尽くしの日々

筆者 いつもは職場でお会いしますので、白衣ではない池田先生がとても新鮮です。バスケットボール競技に強い思い入れをお持ちだとお聞きしたのですが、どんな活動をされているのでしょうか?

池田 バスケ、好きです!まずプレーするのが大好きで、自分が主宰しているチームも2021年で設立10年目です。整形外科ドクターとしては病院での手術治療の他、競技現場でのメディカルサポートをしています。やりがいがあって、難しくも楽しいので、これからもどんどんチャレンジしていきたい。バスケについては、語り始めると止まりません(笑)
<font color='blue' size='2'>現地では時節柄、マスク着用。マスクを外しての撮影はソーシャルディスタンスを保ち短時間で行ないました。</font>
現地では時節柄、マスク着用。マスクを外しての撮影はソーシャルディスタンスを保ち短時間で行ないました。
<font color='blue' size='2'>勤務先病院の診察室でのご様子。白衣着用で医師業務をされています。<br>★友情出演:池田先生が室長を務める「リハビリテーション室」のトレーナーさん</font>
勤務先病院の診察室でのご様子。白衣着用で医師業務をされています。
★友情出演:池田先生が室長を務める「リハビリテーション室」のトレーナーさん
筆者 本当に「バスケ大好き」でいらっしゃるんですね!病院勤務に並行しての現場活動でお休みが無さそうなイメージですが、実際のところはいかがですか?

池田 現場に出向くメディカルサポートは、バスケのチームドクターだけでなく、サッカーなどの他のスポーツも含め競技団体の活動で会場ドクターの仕事もしていて。あとは大学や専門学校でスポーツ医療についての講義をしたり・・・言われてみれば、スポーツメディカル尽くしの生活ですね。時間のやりくりは大変ですが、合間合間でバスケの練習をするのが息抜きになっているので、やっぱり好きです。
<font color='blue' size='2'>「ちょっとカメラ貸して!」と、急に少年心がうずく池田先生。ご趣味がカメラだそうで、背中がワクワクされています。</font>
「ちょっとカメラ貸して!」と、急に少年心がうずく池田先生。ご趣味がカメラだそうで、背中がワクワクされています。
<font color='blue' size='2'>大好きなバッシュ・コレクションからお気に入りの1足! 撮影後、入念にシューズの底を拭いておられました。</font>
大好きなバッシュ・コレクションからお気に入りの1足! 撮影後、入念にシューズの底を拭いておられました。

いつでも気持ちよくストリートバスケを楽しめる「SUNCOURT」

筆者 今日は「SENNAN LONG PARK」をご紹介いただきましたが、この場所とのご関係は?

池田 新しい屋外コートが出来たと聞いて、どんな場所か気になっていたんです。2020年に3x3の大会が開催される予定だったのが台風で中止になって、そこからずっと来てみたくて。普段は大阪府下の体育館でプレーすることが多いのですが、予約を取るのに一苦労なんですよね。ここだと環境もいいし、いつでも気持ちよくストリートバスケを楽しめそうですね!
<font color='blue' size='2'>リズミカルにゴールを量産!バスケ競技中に受傷し両膝の手術を経験されたが、経過は快調なご様子。</font>
リズミカルにゴールを量産!バスケ競技中に受傷し両膝の手術を経験されたが、経過は快調なご様子。
筆者 なるほど!次はご自身のバスケルーツについてお聞かせください。好きになられたのはいつ頃でしょうか?

池田 小学校の頃に、漫画「SLAMDUNK(スラムダンク)」を読んで、です。近所のお兄ちゃんが捨てようとしていた漫画雑誌を読んで、もう、子どもながらに衝撃を受けて。本格的なプレーは中学の部活からです。紆余曲折がありましたけど、35歳の今も楽しくプレーできているのが本当に嬉しいですね。
<font color='blue' size='2'>【SLAMDUNK第1巻の表紙 桜木 花道くんのポーズ】若干照れつつも、全力でリクエストに応えてくださいました!好きなキャラは 三井 寿くん。</font>
【SLAMDUNK第1巻の表紙 桜木 花道くんのポーズ】若干照れつつも、全力でリクエストに応えてくださいました!好きなキャラは 三井 寿くん。

チームドクターとしてのやりがいは「チームの成長と、スポーツ外傷・障害予防でけがで苦しむ選手を出さないようにすること」

筆者 チームドクターとしての関わりの中では、どんな時に楽しさを感じておられますか?

池田 それはもう、サポートしているチームの成長が感じられた時、これに尽きます。自分もチームの一員として、試合で勝利することが何より嬉しいです。チームドクターとしての目標は、自分も受傷し手術を経験した「ACL損傷」をはじめとするスポーツ外傷・障害を予防し、怪我で苦しむ選手を出さないようにすることです。また、最もポピュラーなバスケ障害であるいわゆる「捻挫」ももちろん減らしたいので、日々悩みながらアプローチしています。チーム全体として強くなる過程に自分が専門性を活かして関われることが楽しく、この取り組みは今後も続けていきたいです。

筆者 嬉しかったエピソード、もっと教えてください!

池田 自分の関わったチームで、リハビリテーションに興味を持ち理学療法士やトレーナーを目指す選手が出てきてくれた時は1医療者として嬉しかったですね。スポーツ現場で自分がやってきたことの重要性が選手にも伝わっていたのだと思うと、本当にチームドクター冥利に尽きます。
<font color='blue' size='2'>SENNAN LONG PARKの撮影スポット。風の強い日、これから追い風に乗ってますますご活躍されるのでしょう!</font>
SENNAN LONG PARKの撮影スポット。風の強い日、これから追い風に乗ってますますご活躍されるのでしょう!
筆者 では、苦労されるのどんなことですか?

池田 苦労・・・というと少しニュアンスが違うのですが、怪我や不調はいつ起こるか分からないので、365日いつでもチームドクターであることが求められます。また、病院の診察室で通常ならばするであろう判断と、チームドクターとして現場で行なう判断が異なることがあります。診察室では出せないGoサインを、現場では信頼関係をベースに出すこともありますね。逆にStopの指示は、選手背景やチーム状況がわかりすぎるので、とても苦しいです。これらは大変なことではありますが、同時にやりがいでもあります。苦しさやしんどさも含めて、自分の中ではライフワークの位置付けですね。
<font color='blue' size='2'>自らもけが・手術を乗り越えバスケをプレーされているからこそ、自身の診察に訪れるアスリートの気持ちが痛いほど分かる。</font>
自らもけが・手術を乗り越えバスケをプレーされているからこそ、自身の診察に訪れるアスリートの気持ちが痛いほど分かる。

自身もバスケで受傷し、両膝 計4回の手術を経験。スポーツドクターとしての強みに昇華し、スポーツを多面的に楽しむ!

筆者 ありがとうございます!最後に一言、よろしくお願いします。

池田 個人的な話ですが、最初のバスケでの右膝ACL損傷の手術は高校1年生で、その後も2回バスケがやりたくて右膝の手術をしています。そして実は34歳の年、またもやバスケプレー中に反対膝のACLも切ってしまって・・・2019年のクリスマスに手術を受けて、今まさに競技復帰のリハビリに励んでいるんです。直後は落ち込みました。でも今は、「けがをしてしまったアスリートの気持ち」を理解することが出来たこの経験は、スポーツドクターの自分にとっては強みだと言い切れます。これらをバネにして、今後もメディカルサポートにおける活動の幅を拡げていきたいと考えています。もちろん、僕自身も生涯スポーツとして、これから先もずっとバスケを楽しむつもりです!
<font color='blue' size='2'>オンラインインタビューでは、ご自身のけが経験から描くスポーツメディカルサポートの未来を詳しくお聞きしました!</font>
オンラインインタビューでは、ご自身のけが経験から描くスポーツメディカルサポートの未来を詳しくお聞きしました!
<font color='blue' size='2'>撮影が終わってすぐに雨が降り、帰路にうっすら虹出現のミラクル!晴れ男の池田先生にハッピーな未来が訪れそうです。</font>
撮影が終わってすぐに雨が降り、帰路にうっすら虹出現のミラクル!晴れ男の池田先生にハッピーな未来が訪れそうです。
■泉南りんくう公園 -SENNAN LONG PARK
住所:〒590-0535 大阪府泉南市りんくう南浜2-201
TEL:072-479-5317

近隣で開催される
ワールドマスターズゲームズ
2021関西の競技

山岡 彩加
投稿者紹介

山岡 彩加

ボート競技(Rowing)が大好きな奈良っこです!普段は病院の理学療法士/トレーナー活動をしています。
・日本ボート協会パラローイング委員会 スタッフ
・日本財団パラリンピックサポートセンター あすチャレ!メッセンジャー認定講師
・第23期滋賀県スポーツ推進審議会委員
・一般社団法人ココカラボ「Step+」主任インストラクター