ニュース

2018年10月12日東大阪市花園ラグビー場改修記念式典が行われました。

 2018年10月11日(木)、東大阪市花園ラグビー場改修記念式典が行われました。
 当日は関係者及び招待者の内覧会が行われたほか、記念式典では木下博夫ワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会事務総長を含む、関係者総勢17名によるテープカットを実施。
 日本ラグビーの聖地である東大阪市花園ラグビー場は、ラグビーワールドカップ2019TM日本大会の会場であり、ワールドマスターズゲームズ2021関西でも、ラグビーフットボールの競技会場に決定しています。

 式典の中で野田東大阪市長は、花園ラグビー場の改修を受けて「2019年のラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピック、ワールドマスターズゲームズ2021関西をやりきる」と意気込みを語りました。